2009年10月08日

Googleに続け!WM6.5搭載「Windows phone」発表 

皆様、こんにちは!

米マイクロソフトは、Windows Mobile6.5搭載の「Windows phone」の詳細を発表しました。
世界市場で発売されるWindow Mobile6.5搭載の端末を「Windows Phone」として紹介しており、詳細な機種のリストや、対応サービスを紹介していいます。
主な機能としては、バックアップやデータの同期と管理、パソコンとの連携、遠隔データ消去といったサービスが提供される無料の「MyPhone」と、コンテンツ配信プラットフォームの「Windows Marketplace for Mobile」が大きな特徴。MarketplaceはWM6.5から利用できるサービスになります。

 各メーカーの端末もマイクロソフトから発表があり、メーカーとしてAcer、HP、HTC、LG Electronics、Samsung、Sony Ericsson、東芝の各モデルが紹介されています。また、米国、欧州など地域別の発売機種の案内があるというものです。

日本の発売時期は秋以降とされ、具体的な日付は未定ですが、キャリアからの発表により製品ラインナップが明らかにされる予定となっています。
また、「Windows Marketplace for Mobile」は日本でも対応端末が登場次第利用できるようになる予定で、有料コンテンツはWindows Live IDでのクレジットカード決済になる見込みです。

iphoneの煽りを受けてなのか、なんだかマイクロソフトがんばってますね。
ウインドウズ携帯を持ち歩くのであれば、ノートPC持ち歩く必要がなくなるのであれば、かなりシェアを上げてきそうですが、グーグル携帯があまりヒットしているとは言いにくい状況ですから、ウインドウズ携帯に関しても何とも言えないかと思います。
特に日本では、キャリアのサービスを受けられないのはかなりネックになりますので、その点も含めて使い勝手のいいウィンドウズ携帯なら大歓迎ですね。



posted by エイヤー at 10:34| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。