2012年03月29日

ドコモの「Xperia」シリーズでソフト更新

みなさま、こんにちは!
NTTドコモは、ソニーモバイル製Androidスマートフォン「Xperia SO-01B」「Xperia arc SO-01C」「Xperia acro SO-02C」「Xperia ray SO-03C」「Xperia PLAY SO-01D」の5機種に不具合があるとして、ソフトウェア更新サービスの提供を開始しました。
5機種全てに共通する不具合は1種類で、「海外の一部地域において、まれに正常に通信できない場合がある」というもの。
また「Xperia」以外の4機種では、電源をONにして起動した際、まれにUIMカードを認識しないことがあるといいます。
このほか、「Xperia acro」ではIC通信を行うアプリでデータを送信しようとすると、まれに通信エラーが発生する不具合も確認されています。
更新は端末単体と、パソコン経由の両方で実行できます。
端末単体での更新所要時間は機種によって異なり、10分〜25分かかります。
更新中、他の機能は利用できません。
いずれも自動更新はできず、ユーザー自身が操作して更新します。
NTTドコモの3Gネットワーク経由か、宅内などのWi-Fi経由で更新ファイルをダウンロードできます。
3G経由の場合、パケット通信料が発生しますが、Wi-Fi経由ではかかりません。


posted by エイヤー at 10:30| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。